鬱病だった過去

管理人ネロリの過去編です。

 

以前、ちょこっとだけ鬱病だったと書いたので、気になられている方も中にはいらっしゃるかなぁ?と思ったので、書こうと思います🏥

 

鬱病だったのは10年位前の話なのでもう完全に自分の中で消化しているのですが、

 

私にとって鬱病だった過去は人には知られたくない過去です。なので、治ってから新しく出会った人には殆ど話しておりません😃

 

でも、まあブログだったら実生活に関係ないからいいかな!と笑

 

またこの話も誰かの参考になるといいです🌸

 

なるべく暗くならないように淡々と書きます。

 

原因は合わない環境で、自分のキャパを超えて頑張ってしまった事にあります。

 

体に異変がおこり気付きました。

 

熱(38度以下)めまい、不正出血、などの症状が1ヶ月以上続き、内科を受診して薬を飲んでも症状が改善されず、

 

心療内科で鬱病と診断されました。

 

自分では鬱病とは無縁の人間だと思っていたので、全く予期しておらず、医師の前で思わず「嘘ですよね⁈」と言いました。(なぜ心療内科に行ったかというと内科で解決出来なかった時に、先生にすすめられたからです)

 

抗うつ剤を処方され、飲んだら嘘のように熱が下がり、認めざるをえなかったです。

 

今は、「新型うつ」とかありますが、私がなったのは「従来の鬱病」で、イメージ的にはサラリーマンのおじさんとかがなっちゃうタイプのやつです(男性が多いみたいです。)

 

熱が下がっても、体は重く、足は動かず、社員食堂でご飯を食べた後、トレーをかたそうとしたら全然体が動かず、30分もかかってしまい、自分でもかなりショックでした。

 

当時、気持ちの面での変化は自分では全く感じませんでしたが、今思うと言動が後ろ向きだったような気がします。

 

心配した会社の人達が、出勤日数を減らしたらどうだろう?と提案してくれて、出勤日数を月15日程度に抑えましたが、全く体の重さは取れませんでした。

 

原因は仕事にあると思っていたので、最終的に退職をしましたが、症状は変わらず、

 

友人が、気分転換に日帰り旅行を提案してくれ、それに行きましたが、全く楽しめないどころか、余計に具合が悪くなり症状が悪化しました。(申し訳なくて言えなかったので我慢しました)

 

もう、何がなんだか自分でも分からなかったです。

 

仕事をやめてだいぶたっても症状はなかなか改善されず、元職場の上司も原因は他にあるのか?と思っていたようです。

 

そして私は自分の内面と向き合う為に、薬だけじゃなくて、カウンセリングも開始しました。。。

 

続きは明日書きます!良かったら読んで下さい😊

 

応援のクリックをお願いします🌸↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

↓↓↓↓↓↓✨✨✨アクセサリーのハンドメイドもやっています✨✨✨↓↓↓↓↓↓

ブランドが2つあります。

■trozo (高級アクセサリー)

【販売ショップ】

・Creema

・minne

・BASE

【SNS】

・Twitter

・Instagram

 

■Heartstone (お手頃価格アクセサリー)

【販売ショップ】

・minne

・Creema

・BASE

 

【SNS】

・Twitter

・Instagram

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。