あの時諦めていたら全然違った結果になっていた。

これからリハビリを頑張ろうと思っている方へのメッセージです。

それ以外の方はスルー推奨です!

 

「サクラは歩けるようにならないと思う」

 

とか、

 

「サクラには何も期待するな。全部諦めろ」

 

とか

 

「口から食べるのは無理なんじゃないか」

 

とか

 

「一生喋られない可能性もある」

 

など

 

たくさんマイナスな言葉を私は聞き続けたのだけど(私が期待をしてガッカリしてしまう事を心配して言った事は分かってる)

 

結果的に、言われれば言われるほど、私は燃えました。

 

心の中は、「あなたはそう思うかもしれないけど、私はそうは思わない。」という思考で、

 

どうやったら口から食べられるようになるのか、どうやったら歩けるようになるのかを考えて、逆に頑張れました。

 

もちろん上手く行くことばかりじゃないしモチベーションが下がる事もあった。

 

そんな時は、顔も知らない相手の言葉1つを信じて、めちゃくちゃ前向きに頑張れた。

 

摂食障害の時は「本」

 

「身体的な構造に問題がなければ、必ず口から食べられるようになる」

 

という言葉。

 

それから歩く事は、

 

療育園に入れなかった時の為に、保険で入れようと思っていた施設の職員さん。(去年の話)

 

「伝い歩きが出来る子は必ず歩けるようになる」

 

私はこの「必ず出来るようになる」という言葉だけを信じて頑張れました。

 

マイナスな言葉は全部聞かないで、

 

自分の信じられる前向きな言葉1つに縋って、それだけを信じて気持ちを上げました。

 

もし私が諦めていたら、今とは全然違った結果になっていたと思う。

 

それはなぜかというと、サクラは自発的に何かを出来るようになった事が、ほぼないから。

 

必ず誰かのコントロールの元、出来るようになっているから。

 

諦めていたら、間違いなく今でもずっと首を振っていただけだったと思う。

 

なので、今、頑張っていこうと思っている方、

 

努力をしただけ、苦しい時間は少なくなります。

 

後悔をしないように、

 

自分を信じて、そして子供を信じて、私とサクラと一緒に頑張っていきましょう!

 

 

応援をお願いします🌸

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。