経管栄養を卒業して1年たちました。あの頃思った事。

サクラは産まれた時、哺乳する力が無く、更に胃食道逆流があった為、鼻からチューブを入れてミルクを流し込む

 

「経管栄養」

 

という方法で、食事を取っていました。

 

2歳3ヶ月で卒業になったのですが、それまでは食事の時間が毎回地獄でした。

 

すぐに吐いてしまう為、トロミのついたミルク(ARミルク)を使いました。

 

トロミのついたミルクだと、流れにくくなる為にポンプという機械を使いました。

 

そして、流し込む速度が速いとすぐに逆流を起こして吐いてしまう為に、速度は3時間かけて、ユックリと。

 

それを1日4回から8回(成長段階によって違う)やるので、1日の半分は注入で終わり、

 

かつ、それだけ慎重に注入しても、大泣きしたり、ちょっとした動きで逆流がおきて大量リバースされました💧

 

なので、一日中ミルクと嘔吐の処理です。

 

しかし、口から食べる練習も進めなくてはならなかった為、一日一回は、どうせ食べないだろうと思っていても、とりあえずやってました。

 

いつ食べられるようになるかは分からない。口に入れても10口が限界。吐く。リハビリに行った時成果を聞かれる。その流れがかなりキツかったです。

 

最終的に無駄な努力に感じ、「こんな生活してて練習とか無理に決まってんだろう!」と、勝手にやめてしまっていた時期がありました、、、

 

しかし、とある先生の一言で、練習する意欲が湧きました。

 

「食べる練習をしないと飲み込む方法も完全に忘れてしまうから、とりあえずやった方がいいよ」

 

やる意味が分からないまま、闇雲にやらされていた感があった為に、放棄してしまった事が

 

それはやらなきゃ💦という気持ちに変わりました。

 

本当に教えてもらって良かったです。

 

そこからは、卒業させる意気込みで頑張るのではなく、忘れさせないように数口食べさせる方法で繋ぎ、

 

逆流が治って、ミルクの注入に時間がかからないようになってから、本腰入れて頑張りました。

 

今現在、大変な思いをして摂食リハビリを頑張られている方へ。

 

口から食べさせる事を完全にやめなければ、お休みしても全然大丈夫です!

 

機能的な問題がなければだいたいみんな3才までには食べられるようになるらしいです!

 

追い込まないで、ボチボチやっていきましょう!!

 

すみません、明日から大阪へ行く為、数日ブログの方はお休みさせて頂きます。

 

また、帰ってきたらアップ致しますので楽しみにお待ち下さい🙋‍♀️

 

ランキングに参加してます。下のバナーを、最後にポチして頂けると励みになります!
応援をよろしくお願いします*\(^o^)/*

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント コメントを追加

  1. 匿名 より:

    こんばんは、森田です。連日とても為になる記事をありがとうございます!ママさんの言葉とても説得力があり、元気でます。大阪旅行楽しんで来てください。

    1. sakurasaku2777 より:

      森田さん、いえいえ!私が感じた事なので、個人的感想ですが、良かったら参考にして下さい👍
      摂食障害は思ってる以上に介護者の精神的負担が大きいです。少しでも楽になってもらいたくて書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。