時にリミッターが外れてしまう

咲良の話です。最近はないのですが、前まで泣き出すと、三時間は号泣し続けていました。

その話を周りにすると、「三時間⁈凄い体力だね」と、言われたりするのですが、、、

体力があるのではなく、正常な人なら30分くらいで、泣き疲れて寝てしまうところ、リミッターが外れてしまっていて、本人も止められないという感じだったりします。

体力はないですよ。健常児より。

しかし、リミッター外れちゃってるから、その瞬間だけもの凄いエネルギーが放出されているのだろうと思います。

激しい癇癪は、自閉症の特徴なのですが、これが、脳の障害というやつなんだろうなと思います。

自分一人で簡単に切り替えが出来ないんですよ。

それを、療育を受けたりして切り替えの特訓をしていくんですよね。

咲良も、切り替えられないのはしんどいみたいで、自分なりに気持ちの切り替えをしようと努力をしています。

方法は、首振ったり、音楽鳴らしたり、安心出来る場所に行ったりして、日々の苦痛から逃れようとしています。

この大変さは、本人にしか分からないけど、私はようやく最近になって、ほんの少しだけ咲良の苦痛が理解できるようになりました。

普通の人間には思いも寄らない事で、苦しんで泣いています。

母親でさえ、全部理解してあげる事は難しいと思うので、障害児を育てていない方々には、色んな誤解があって当然だろうと思います。

障害児の親で、本音を語る人も少ないと思うので、これからもこのブログで本音を綴っていこうと思います。

障害を乗り越え頑張る姿は、素晴らしいけれど、決して綺麗事だけでは済まず、本人は、めちゃくちゃ苦しんでいるという事。

普通の生活をするのに、とても努力が必要だという事。

を知ってもらいたいです。

私は、別に人と同じ人生じゃなくて全然よくて、咲良は咲良でいいと思っているのですが、必要最低限の事は出来るようにならないといけないと思っているので、リハビリを頑張らせようと思っています。

ブログ村のランキングに参加してます。
下のバナーを、最後にポチして頂けると嬉しいです。

ご協力と、応援をよろしくお願いします*\(^o^)/*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。