療育手帳、最重度判定

こないだ、療育手帳を作りに児童相談所へ行って来ました。そこで、新番検査を受けました。

結果は、最重度判定です。

最も重い階級です💦

衝撃の「最重度」という言葉に、ビックリして思わず笑ってしまいましたよ💦💦💦

発達の先生ー!中程度じゃないじゃないのよ!🙌🆘(以前、先生が咲良の発達のチェック項目を付けて、採点したところ、中度だったと言っていた)

詳しく聞くと、知能だけでいうと重度で、総合的にみて最重度という事でした💧

歩けるようになると、最重度じゃなくなると言ってましたが、療育手帳なのに、身体能力も関係あるんですねー。

積み木をやったり、型ハメをやったそうですが、私は見ていないので、本来の力が出せたかは、分かりません。

個人的には、おそらく、重度位かなーと思っていたので、最重度には驚きました。

でも、考えてみれば、

こんな小さなうちから療育手帳の取得を勧められたり、病院にも療育にもリハビリにも通っているので、それだけ障害の症状が顕著だという事ですよね💦

ところで、

皆さん、手帳の種類て3種類あるのですが、ご存知でしょうか。

私も最近知ったので、障害と関わりのない方はご存知ないかと思います。

触りだけご紹介しますと、

●身体障害者手帳

●療育手帳

●精神障害者保健福祉手帳

の、3種類あります。

咲良が取得しているのは、上2つで、

身体障害者は1級(最も重い)

今回取った療育手帳は最重度(最も重い)

で、残る一つの精神障害者保健福祉手帳ですが、これ、自閉症と診断されれば取得出来るようです。

おそらく、この手帳も取得できれば最も重い判定の1級だと思うのですが、手帳を何個も持っていてもあまり意味がなく、(受けられるサービスは全く同じではないが、けっこう被っているものがおおい)一つしか持っていない人が大半だと思います。

うちの場合は、歩けるようになると、身体障害者手帳は取れなくなる為、療育手帳の取得を勧められて、今回取ったという訳です。

なので、精神障害者保健福祉手帳は、要らないかなと思うのですが、とりあえず、療育手帳で受けられない事があるか、役所で確認しようと思います。(住んでいる地域によっても違うらしい)

それから、最重度でも諦める訳にはいかないので、次の5年後の判定では、中度になれるように、(歩ければ重度判定という事で、重度を目標にするには微妙なので、中度を目標にします)やっていこうと思います!

とりあえず、まだ2〜3歳で、伸び代があるし、経管栄養を卒業した時のように、がむしゃらに頑張ります!

明日は循環器を受診します!

ブログ村のランキングに参加してます。
下のバナーを、最後にポチして頂けると嬉しいです。

ご協力と、応援をよろしくお願いします*\(^o^)/*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。