発達障害児と動物

我が家は、犬(カプリ)を飼っております。咲良が生まれる前から飼っていて、現在6歳です🐕

よく、発達障害の子は動物と触れ合ったり、飼ったりすると良いと聞くのですが、私は一概に良いと言えないと思います。

もちろん、愛情をかけてあげる事が出来れば動物は必ず返してくれるものなので、信頼関係が出来て、友情に発展する事もたくさんあると思います。

ですが、動物にも性格がそれぞれあり、個体差よるものが大きいです。相性もあるだろうし、特に犬は躾によってもかなり変わります。

なぜ、こんな事を書くのかと言いますと、、、

子供にいい影響があるかも知れないからと、過剰な期待をして飼う人がいるからです。

結果、例え子供が可愛がらなくても、ほかの家族が可愛がってあげるなら、飼われた動物もまだ幸せですが、世話が負担になって捨てる、処分する、なんて事も世の中には実際にあるわけで、、

人間の都合で飼われ、人間の都合で捨てられるなんて酷い話です。

なので、私は命があるので、過剰な期待をしたり、癒されそうだからと気軽に飼って欲しくないなと思います💦💦

ほんとに、ほんとに、、、

そして、なんとなく検索したらこんなサイトを発見してしまいました、、、😵

批判になってしまうので、敢えてリンクは貼りません💧

動物を大切にするには、、みたいなタイトルの下には

動物にシールを貼り、子供の関心を向けさせる範囲を広げましょう

というような事が、書いてあり、驚きました😵😵

シールなんか動物の体に貼り付けたら、子供の視点どうのこうのより、一発で関係性が悪くなるのではないでしょうか💧💧💧

これ、「発達障害  動物 」とかそれ系のキーワードで検索すると一番上にくるサイトで(あ、結局書いちゃった  ) かなり多くの人が見てると思うのですが、

完全に動物をモノとして見てるやり方です、、💦

動物にも心があるので、これは、やらない方がいいと思います😵

そして、そこまでして無理に仲良くしなくたっていいじゃないか!と思います!

長くなってしまったので、次回、我が家の子供たちと動物について書きます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。