作業療法士、再び泣かす

こないだ作業療法を受けました。

前回、ボールプールにドボンで大泣きさせられましたが、今回も懲りずに、咲良の嫌がっている反応に気付かず泣かせていました💧💧

前回に続き、ボールプールに入って遊んだのですが、やはり咲良は苦手なようで最初、泣きはしなかったのですが、途中で出たがったんですよね、私から見てて(あー、もう限界そうだな)と思ったのですが、「もう出るの〜?まだ遊ぼうよ〜〜!」←(作り笑顔と高めのテンション)と言って、しつこく咲良にしがみつきボール遊びを強引にやらせて、結果、泣かせていました💧

それでもまだ、やり続けていたので、

先生が引かない限り泣き止まないと思い、「もう、限界だね、さくちゃんお疲れ」と、声をかけ強制的にやめさせました。

悪気はないみたいで、そう私が言うと「もう終わり〜?仕方ないなぁ〜!」と、言いながら笑顔でやめていました😓

その後も、滑り台で、咲良が自分のペースで滑り台に挑もうとしていた事に気付かず、いきなり抱っこして乗せて、号泣させ、

大きなブランコでは、咲良がロープから手を離してしまっている事に気付かず(咲良の後ろに先生が座っていたが)大きく揺らし、号泣させ「今のは何で泣いたのでしょう?」とか、天然?適当?ぶりを炸裂させていました。

終始、本当に何も気付かない人で、というか全然咲良を見ていなくて、ヤバイな〜この人と思いました💧💧

その都度、泣いた理由を説明したのですが、「そうですよね〜!」という謎の相槌をして、まるで分かってなさそうだったので、ダメだこりゃと諦めました😰

今後、療育施設の方で作業療法が受けられるなら、病院での作業療法は卒業になるので、とりあえず、それを確認してから付き合い方を考えていこうと思います!

 

ブログ村のランキングに参加してます。
下のバナーを、最後にポチして頂けると嬉しいです。

ご協力と、応援をよろしくお願いします*\(^o^)/*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です