言語療法を受けて来ました!

半年ぶりの言語療法を受けました😄

前回は、絵本の読み聞かせををたくさんして下さいと、言われましたが、前から絵本を読んであげても、絵本そのものには、さほど興味を示さず、ページをめくったり、叩いたり、パクパク食べているだけなので、意味が無いな〜と、思ってました。

教科書通りのアドバイスじゃなくて、もっと、咲良に合わせたアドバイスが、欲しいなと思っていたら、

今回は、たまたま違う先生にあたり、その先生は、絵本や、発語に拘っておらず、

言葉のアクセントを真似しますか?

とか、

ちょうだい  のポーズは真似しますか?

など、

 

咲良の発達がどこまで進んでいるか、質問形式でチェックをして、

言葉を喋るようになるには、、、

 

「親の言葉を真似るとこからですが、、、

その前に、必ず、

親のジェスチャーを真似るので、まずは、

逆に、咲良の行動を、親が真似をして、(咲良がテーブルを叩いていたら、隣に並び、一緒に叩くなど)

咲良と一緒に楽しみ、

真似っこは楽しい、という事を学習させる。

そうすると、今度は、咲良が親の行動の真似をするようになる。

すると、今度は、親の言葉を真似するようになる。」

と、順序があることを教えて下さいました!✨✨✨

なるほどーー!ですよね!

私は、どうやったら言葉を真似するか?と、ばかり考えていたので、

これは、有益な情報です😂😂😂

そして、

絵本を読むなら、咲良の場合、ホントにかんたんな絵本で良くて、身振り手振りをつけて読むといいと教えて下さいました。

(やったー!など、バンザイしながら言うなど)

今回の先生のアドバイスはとても参考になりました!

更に、咲良は褒めると、喜んでどんどんやる事に気付き、

たくさん、拍手をして褒めて下さったので、

咲良は上機嫌で、伝い歩きを自らして見せて、

得意げな顔をしていました  笑

ヤレと言われると絶対にやらないのに!

やっぱり、女性の方が、褒めて煽てて乗せるのが得意な人が多いので、

咲良には女の先生の方が、合っているんじゃないかなぁ〜〜と、ちょっと思いました!

もちろん、男性でも、褒めて乗せてくれる人もいますが、確率的な話です😊

それと、軟口蓋の手術の必要性ですが、

今のところ、まだ必要かどうか判断が付かないらしく、

喃語のバリエーションを聞いて、ダの発音が出来ている事から、

緊急性はない

と、判断していました。

そのうち、もっと発語が進み、パピプペポの発音が出来なかったら、手術になると、言っていました。

このまま、手術しないで済むといいなぁ〜😣

 

いつも読んで頂きありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加してます。
ポチして頂けると順位が上がります。応援をよろしくお願いします*\(^o^)/*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です